正しくケアして歯を守ろう!

>

自宅で簡単ケアをしよう

歯磨きにプラスしよう

歯磨きでは、実は全体の6割程度しか汚れを除去できないと言われています。
残りの4割はどうすればいいのかというと、他の歯のお掃除グッズを活用していきます。

歯と歯の間の歯垢には、糸ようじ(フロス)が大活躍します。
一つ一つの歯の間を、面倒くさがらず丁寧に掃除してあげることが、歯の健康を保つ秘訣です。

また、歯と歯肉の間には歯間ブラシがおすすめです。
先が細くなっているブラシで、細かなところを磨ける歯間ブラシであれば、普段の歯磨きでは洗えない歯肉の隙間を掃除できます。
奥歯など、歯ブラシが届きにくいところには、ブラシ部分が小さくて毛も細いスポットブラシで磨いてあげるようにしましょう。
これらを普段から歯磨きの工程に加えていきましょう。

マッサージや歯の栄養も効果的

歯磨きは1日に最低2回以上はすることが推奨されています。
ブラッシングの際、歯茎をマッサージするようなブラッシングをすると、血行がよくなるため歯周病予防に効果的です。
意識して磨くようにしましょう。

有名ではありますが、歯の栄養としてフッ素とキシリトールは有効です。
フッ素は、歯の表面につくと歯を丈夫に保ってくれるいわば盾のような役割を担ってくれます。
歯磨き粉にはぜひ、このフッ素が含まれているものを選ぶようにしましょう。

海外では、食後にキシリトールを摂取しているようです。
キシリトールには、虫歯の原因である歯垢、酸の発生を防いでくれる働きがあります。
タブレットやガムなどで摂取するようにしてみると良いかもしれません。


この記事をシェアする